アクションの解説など。

workflow://import-workflow?url=[url]&name=[name]

https://workflow.is/workflows/において、「GET WORKFLOW」をタップした時に実行されるURLです。


  • url
インポートするワークフローファイルのURLを指定。

url=https://workflow.is/workflows/xxxxxxxxxxxx.wflow


  • name (optional)
インポートするワークフローの名前を指定します。
URLエンコードを済ませたものを[name]の部分に書き入れます。

このオプションを使用しない場合は、https://workflow.is/workflows/xxxxxxxxxxxx.wflowの"xxxxxxxxxxxx"の部分が名前に使用されます。

name=Quick%20Look
"Quick Look"という名前でワークフローをインポート


  • silent (optional)
デフォルトでは、ワークフローをインポートした際、ワークフローを開いて中身を見せるという動作が行われますが、

silent=true

としてこのオプションを有効化すると、インポート後に開く動作をしないようになります。

workflow://import-workflow?url=https://workflow.is/workflows/xxxxxxxxxxxx.wflow&name=View%20Source&silent=true

「View Source」という名前でワークフローをインポート(サイレントオプションON)します。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

アクションリスト

abc順(161)

カテゴリで分類

Recently Added(0)

Recently Updated(0)

その他

正規表現(0)

アップデートの概要(7)

公式ドキュメント(1)

メニュー編集
Wiki記法ガイド

管理人のみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
サイト移転のお知らせ
このサイトは下記URLへ移転いたしました。

https://iosautomation.net/wiki/

2017/03/23をもってSeesaa Wikiの各項目のメンテナンスを終了しましたので、ここに載っている情報は古くなっている可能性があります。