アクションの解説など。

workflow://run-workflow?name=[name]&input=[input]
  • name
実行するワークフローの名前。
URLエンコードを済ませたものを[name]の部分に書き入れます。

name=Quick%20Look
"Quick Look"という名前のワークフローを実行


  • input (optional)
ワークフローの入力に使用するものを指定します。

input=text
inputのタイプがテキストである

input=clipboard
クリップボードを取得してinputとする
クリップボードを取得するように組まれていないワークフローに対して、クリップボードを入力として受け取らせることができます。

input=hogehoge
"hogehoge"という文字列をinputとする


  • text (optional)
input=textとした場合に、そのテキストの本文をこのオプションで指定します。

input=text&text=hogehoge
"hogehoge"という文字列をinputとする

これは、
input=hogehoge
とした場合と同じです。

例1

workflow://run-workflow?name=Expand%20URL&input=clipboard

クリップボードを入力として「Expand URL」という名前のワークフローを実行します。

例2

workflow://run-workflow?name=Expand%20URL&input=text&text=clipboard

"clipboard"という文字列を入力として「Expand URL」という名前のワークフローを実行します。

コメントをかく


画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

アクションリスト

abc順(154)

カテゴリで分類

Recently Updated(0)

その他

正規表現(0)

アップデートの概要(5)

メニュー編集
Wiki記法ガイド

どなたでも編集できます

メンバー募集!