アクションの解説など。



InputしたテキストからDictionary(KeyとValueのペア)を作成します。
と、説明文に書かれていますが、実際はいろんなアイテムからDictionaryを探し出してきます。
例2を参考にしてください。

■WorkflowがサポートするDictionaryの形式
  • JSON:{"X":"sample1","Y":"sample2"}
  • key=value:X=sample1&Y=sample2
  • XML形式のplistファイル



[Input](単体、複数)
Dictionaries

[Result]
Dictionaries

例1



例2




この結果は何なのかというと、Googleのトップページのロゴ画像から得られるメタデータです。
このフローは2つのアクションを並べただけですが、内部的には下のような処理がなされているようです。

コメントをかく


画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

アクションリスト

abc順(161)

カテゴリで分類

Recently Updated(3)

その他

正規表現(0)

アップデートの概要(7)

公式ドキュメント(1)

メニュー編集
Wiki記法ガイド

どなたでも編集できます

メンバー募集!