アクションの解説など。



IFTTTのトリガーを引き、レシピを実行するアクションです。
IFTTTに引き渡せる材料(テキスト)は、Inputと、5つまで増やせる"Extra Ingredients"です。



[Input](単体)
テキスト、ファイル

[Result]
Inputをそのまま出力


このアクションの使用方法を具体例で説明します。

まずは、このアクションを使えるようにしておく必要があります。

  • Workflow Syncアカウントの作成(まだ作っていないなら)
  • "Trigger IFTTT Recipe"にWorkflow Syncのアカウントでログインして有効化
  • IFTTTアプリでWorkflowのチャンネルに接続
    • My Recipesの右にある"+"をタップ→"workflow"で検索→Connect

これで前準備は完了です。

では、サンプルとして、IFTTT経由で標準リマインダーに新規リマインダーを作成するワークフローとIFTTTレシピを作ってみましょう。



■Trigger Name
トリガーの名前をここで設定します。
他のどこかに"Trigger Name"というモノがあって、それをここで指定するのではありません。
その逆で、ここで命名したものを、他(IFTTT)で使用するという流れです。
IFTTTでレシピを作成する時に使用しますので、わかりやすい名前を設定しておくといいと思います。
今回は、"Create Reminder"という名前を付けました。

■Extra Ingredient
Ingredientは日本語にすると"材料"です。IFTTTに引き渡して、調理してもらう食材です。
デフォルトで[Input]という材料がありますが、足りない場合にExtra Ingredientで追加していきます。
今回は、1つ材料を追加しました。

IFTTTに引き渡すのは以下の2つになります。
  • Inputである"お肉"というテキスト
  • Ingredient 1に記入している"テストのリスト"というテキスト

Workflow側の必要事項は揃っていますので、Create RecipeをタップしてIFTTTの設定へ移ります。

ここからIFTTTアプリでの操作になります。
↓"Create a Recipe"をタップ。


↓水色の『+』をタップしてトリガー(this)の設定を開始します。


↓Workflowをタップ。


↓"A workflow is run"をタップ。


↓この画面の"Please select"で、ワークフローで設定したTrigger name "Create Reminder"を選択します。 選択後、Nextをタップすることで、トリガー(this)の設定が完了します。


↓赤色の『+』をタップしてアクション(that)の設定を開始します。


↓iOS Remindersをタップ。


↓"Add reminder to list"をタップ。


↓"Reminder"のボックスに入っている文字列を使用してリマインダーが作成されます。
"List Name"で、作成するリマインダーのリスト名を指定します。


ここではそれぞれ、TextInput(ワークフローでの[Input])、ExtraIngredient1(ワークフローでのIngredient 1)を指定しました。
Nextをタップすることで、アクション(that)の設定が完了します。

以上でトリガーとアクションの設定が完了しました。

↓FinishをタップしてIFTTTレシピの完成です。



これで全ての設定が完了しました。ワークフローを実行してみましょう。


標準リマインダーの「テストのリスト」というリストに、「お肉」というリマインダーが無事作成されました。

このページへのコメント

После обращения в сервисный центр macrevvals.ru (мошенники) мой Макбук и телефон (iphone 7) поломался и перестал работать. Обратился в другой ремонт, оказалось что в моих устройствах заменили оригинальные запчасти на китайское барахло подделку.
По это не всегда обращение в сервис продлевает телефону жизнь: порой он умирает окончательно, а владелец еще и лишается крупной суммы денег. Вот так меня развалеи недобросовестные люди Максим и Никита. Уверен что они обманли и кинули ещё очень много людей таким способом. Замена оригинальных детаелей из устройствах apple на поломанные китайские за 2$ детали в их сервсном центре по адресу: Москва, ул.Двинцев, 12к1А телефон: +7 (499) 649-75-28
Бывают и случаи что получив Macrevvals.ru в свой ремонт неисправный аппарат, можно самому неожиданно стать донором: объявив смартфон неремонтопригодным или специально зарядив неприемлемую цену, ремонтники тем временем снимают с вашего смартфона работоспособные детали и оставляют их себе, взамен устанавливая либо, в лучшем случае, неоригинальные, либо заведомо неисправные, либо, если наглость совсем зашкаливает, вообще никаких не будет же клиент разбирать устройство прямо на месте, чтобы все проверить. Иногда это делается не только с целью кражи запчастей, но и для раскрутки на дополнительный ремонт мол, изначальную поломку мы устранили, а тут уже вскрылась еще одна, извольте купить свои же детали еще раз.
Обманывают и не возвращают деньги. Не имейте с ними дела, не работайте с ними.

Posted by Macremontkitaymef 2017年11月08日(水) 11:45:55

Компания выполняет ремонты жилых и нежилых помещений. от фундамента, проекта, дизайна, до реализации конечного результата.

Posted by Alexdop 2017年11月01日(水) 21:16:33

Ламинин Laminine LPGN в Москве+Москва,в России+ Россия цена оптом 16 usd Skype evg7773

Posted by Evgenwaiff 2017年10月12日(木) 01:25:07

Ламинин Laminine LPGN в Москве+Москва,в России+ Россия цена оптом 16 usd

Posted by DanielBiale 2017年10月11日(水) 20:51:19

Как зарабатывать годами с Правом Наследования от $ 200 в месяц из дома в MLM Laminine LPGN. Cкaйп evg7773 +380976131437

Posted by IsaiasRoozy 2017年09月23日(土) 08:58:22

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

アクションリスト

abc順(161)

カテゴリで分類

Recently Added(0)

Recently Updated(0)

その他

正規表現(0)

アップデートの概要(7)

公式ドキュメント(1)

メニュー編集
Wiki記法ガイド

管理人のみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
サイト移転のお知らせ
このサイトは下記URLへ移転いたしました。

https://iosautomation.net/wiki/

2017/03/23をもってSeesaa Wikiの各項目のメンテナンスを終了しましたので、ここに載っている情報は古くなっている可能性があります。