アクションの解説など。



Inputしたアイテムの派生図(のようなもの)を表示します。



[Input](単体、複数)
なんでも

[Result]
inputをそのまま出力



このフローを実行して、Photo mediaを一つInputしてみます。


まず、Inputしたアイテムのリストが表示され、その中からどのアイテムのContent Graphを表示するか選択します。
この選択画面はInputが単体の場合も出ます。

IMG_2799をタップすると、下の図が表示されます。


色が付いている島(Photo media)が、Inputしたアイテムです。
そこからWorkflowの処理によってアイテムがどんどん形(Type)を変えていく様子がこの図から読み取れます。

  • 【Photo media→Text】Get Text from Input
    • 【Text→PDF】Make PDF from Input
  • 【Photo media→Date】Get Date from Input
    • 【Date→URL】Get URLs from Input
  • 【Photo media→Image】Get Image from Input
    • 【Image→Dictionary】Get Dictionary from Input
  • 【Photo media→Location】Get Location from Input
    • 【Location→Maps link】Get Maps URL

Photo mediaをタップすると、


このアイテムに含まれているものがリスト表示されます。
ちなみにこの画面で大文字で始まるものはプログラミング用語でクラスというもので、アクションGet Object of Class?のClass欄に使用できる場合があります。

コメントをかく


画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

アクションリスト

abc順(154)

カテゴリで分類

Recently Updated(0)

その他

正規表現(0)

アップデートの概要(5)

メニュー編集
Wiki記法ガイド

どなたでも編集できます

メンバー募集!